toilet トイレ

toilet-1

Arrived Frankfurt airport 6:00 am.

German toilet does more than flush.  It has a big on/off switch so you can stop the water, have an exact amount of water, have a complete control of your situation.  The toilet at Frankfurt airport Lufthansa VIP lounge is also equipped with a mechanical rotating toilet seat that swipe the seat after each use to sterilize itself.  Most toilet in Japan and our apartment in NYC have "Washlet", a gadget that cleans you with a single click of bottom.  Some toilet in Marrakech were squat style, reminded me a historical "pre-washlet" era in Japan.  Toilet in Sahara was, no, there was no toilet.  Sand dune takes care everything.   

To answer a question from my friend from Nara, Japan.  Building in Marrakech are made with large mud block from their red sand, stone, and lime.  Roman built with stone.  Japanese used to build with wood and paper.  German builds with a precision.  American builds with a dream.  Sahara sand people set up their tent with a respect to the nature.  Houses are build with most common material available in that place.

Near Sahara, there were lots of ruin.  As they were build with mud, it simply returns to dust when human stop its habitation.  Even the nice Riad I was staying in Marrakech had walls buckling.  Owners told me they need to re-plaster and repaint every year.   Each night before sleep, I swipe the bed sheets and find some plaster or paint peel on the sheets.  This is not disgusting.  It's a cycle of life.  It is also an amazing technology that outside temperature is 52 degree C (125F) and inside of room is 28 C without A/C.

German, Japanese, we do a good job being anal-retentive and control our living situation.  I feel home when I see the toilet tile in perfect alignment, an mathematic order of universe, and quality in craftsmanship.  In the dune, camel piss and shit as they carry you along which I didn't mind.

Click here for misc. photos from the planes flying above Istanbul, Mediterranean sea, and Frankfurt.

朝6時に無事にドイツ、フランクフルト国際空港に到着

ドイツのトイレは単に流れるだけでない、まるでオン・オフのスイッチの様に思いのままに流れを止め、節水を自分で管理できる。フランクフルト空港ルフタンザ航空のVIPラウンジにあるトイレはボタンを押すと機械的に便座が一回転して、シートを消毒してくれる。ごぞんじの様に日本のトイレの大半、またウチのマンハッタンのトイレにはウォシュレットが着いて、ボタン一つでおしりをキレイにしてくれるが日本以外でウォシュレットは珍しい。モロッコやトルコのトイレはしゃがむアラブ式、ウォシュレット時代以前の和式くみ取りトイレを思い出させる。サハラ砂漠のトイレ、いいえ、サハラ砂漠にトイレはありません、砂の力、砂漠が全てをこなしてくれます。

マラケシの写真を見た奈良の親友からの質問への返答、マラケシの建築物は現地の赤い土、砂利、石と石膏を混ぜた大きな煉瓦ブロックで造られている。ローマは石で建物を建てた。日本では昔は木の柱に障子、襖で建てた。ドイツは精密さを建てる。アメリカは夢を建てる。サハラの砂の民は自然を尊敬してテントを建てる。建物はその場にもっとも一般的にあるモノを使って建てる。

サハラ近辺には荒れ果てた遺跡がいっぱいあった。土で建てられた街、人がいなくなると砂に戻っていく。自分が泊まっていたきれいな旅館でさえも、壁の一部がふくらんでいて、オーナーが言うには、年に1度しっくいを塗り直し、ペンキを塗り直さないといけないらしい。毎晩寝る前にシーツを掃除すると、確かに天井の材料の一部が剥げて落ちていたりするがこれは汚いわけではなく、自然な流れな訳だ。外気温が52度を超すなか、エアコン無しに室内は28度、これはすごい技術。

ドイツ人と日本人に共通な点、以上に神経質に物事を、自分の周りの環境を管理する。(ここドイツの様に)お風呂場のタイルがキチンと整然とならんでいると、自分はそこに数学的バランス、宇宙の神秘を見て、安心する。サハラ砂漠ではラクダは人を担いだまま、歩きながら糞尿をおこなうがこれはこれで、気にはならなかった。

飛行機からの写真、イスタンブール、地中海、フランクフルト上空、はここをクリックして下さい。