path 道程

frank-ts-7

I woke up thinking I'm still in the Riad in Marrakech, realized few seconds later that I'm in Frankfurt, appreciated the lower temperature but somewhat disappointed that the hotel room looked could be anywhere in US, Japan, or Germany...

2009 summer trip blog took a different style than my usual blog.  It's been my usual way communicating through my photo, but they were my telegram to friends and family saying I'm doing well while traveling, and my thank you notes to new friends whom I met during this trip.

A friend in NYC who has a great blog told me about his rule for the blog, have a consistency.  I've decided to use only black and white and square photo (460x460) since making square photo is harder in my mind.  Square may reduce the movement and must pay attention to the proportion within.   B&W may reduce the richness but emphasizes the contrast and shape.  My partner told me that I should minimize the writing and rely on the photo to communicate in this blog so my usual blog has very little explanation.  I'm trying to learn photography, not writing a book so the single picture should tell everything.  This helps me to "think" before I take a photo, "think" again when I edit them, and think one last time when I supplement a comment.

Many people made comments about my photo from Sahara Dune and Marrakech.  Those photos look different from the world we live.

I was 14 years old when a good friend of mine, from my elementary and currently lives in Nagano / Japan, spent one summer staying with American family in US and gave me an intro to living in a foreign place or different world.  His story made me realize we can extend our world.

Two buddies from Japan, one from Kurashiki / Japan and another from Nara / Japan and we've known each other since age of 6, made an identical comment about photos from this trip.  "Information overload, having a digestive challenge going through so many photos from foreign worlds".  My friends in US often give me a similar comment when they view photos from typical sites in Japan.  Sand people in Sahara dune will never imagine taking a bullet train on 300kh/h to commute everyday.

Everyone lives in an unique world.

A friend who lives in London and originally from Istanbul gave me a complement to my photos from Istanbul, "bring me back the old memories of my life in Istanbul thru the lens of a very talented and emotional artist who felt the same joy and excitement as any Istanbul lover like me would do".

One more day left for this trip and I'm glad to know I'm on the right path.

Click here to view photo from Zeil street and old city of Frankfurt, Germany

今朝起きた瞬間まだマラケシのリアッドに居る気がしたが、数秒後にここはフランクフルトだと気づき、涼しいのはうれしいがホテルの部屋がアメリカ、日本、そしてドイツのどこにでもある風景なのにがっかりした。

この数週間の旅のブログは今までと違うスタイルで書いてみた。これはいつもの様にブログを通じて自分の撮った写真をごらんいただく事はもちろん、むかしからの友達や家族へ道中の安全を伝える電報であり、新しく出会った友達への感謝のメッセージの場でもある。

ニューヨークの友達の一人が大変おもしろブログを書くが彼は一貫性を持ってブログを書くよう条件付け、心がけているらしい。それを聞いて自分もブログを始める時、正方形、460x460の白黒写真でブログをと決めた。正方形の写真は意外と難しい。これは正方形だと動きが制限されることとその枠の中でバランスをとった構図が必要になること。また白黒は色気がなく、簡素化される反面、コントラストとその絵の中の形状を強調する効果がある。そして、写真を通じてメッセージを伝え、言葉を最小限に抑える事を勧められた。これは写真の勉強をしているわけで、本を書いているわけではない、一枚の写真が全てを語るべき。この数ヶ月これらの条件は自分にとって、写真を撮る前に考え、写真を編集するときにまた考え、コメントを足す時にまた考える習慣を作ってくれた。

サハラ砂漠の写真、マラケシの写真には色んな方からコメントをいただいた。この絵は普段の我々が住んでいる世界と異なる世界だと。

14歳の夏、倉敷で小学〜高校までを共にして現在長野在住の親友がアメリカにホームステイをして帰ってきた。彼から聞いた異国の地、アメリカでの家族との生活の話は、自分も外国に住んでみたいと言う動機と自分の世界は自分で広げることが出来ると言う気持ちのきっかけになった。

6歳のころからお互いを知っている、奈良在住の親友と、倉敷の親友、2人から全く同じコメントを別々にいただいた。「密度が濃い」異国の旅の写真、一度に見ると食べ過ぎでお腹壊しそうと。アメリカの友達に日本の普通な風景を撮った写真を一度に見せると同じ事を言われる。サハラの砂の民に、毎日時速300キロの新幹線で通勤している話とかをいっぺんにすると、想像を絶した世界の違いに驚き情報の消化不良をおこすだろう。

人それぞれ、みんな特別な世界に生きている

イスタンブール生まれ、ロンドン在住の友達からはこんなお褒めのお言葉をいただいた、「レンズを透して自分が覚えているイスタンブールの風景を見ることが出来た。私と同じようにイスタンブールが与えてくれる感動、喜び、楽しさを理解し、この地をこよなく愛す人の心のこもった写真だ」と。

この旅はあと1日だが、正しい道程にいると思う。

ゼイル通りやフランクフルトの旧市街地の写真はここをクリック

お楽しみ下さい