New York Still Changing 1: Custom House

fs_project-006
above: Custom House at State Street, 2009 by Senju. Museum of Indian Culture under repair
上:マンハッタンの税務署、今はアメリカインディアン博物館として改装中、09年に自分で撮影

New York Still Changing

This is my long term project at Parsons School of Photography, in honor of Berenice Abbott and Douglas Levere. Revisiting sites in New York City where Abbott captured changing architecture of 1930s', then Levere recaptured the exact scene in 1990s. Some scenes have changed and some remain unchanged despite 80 years of time.

変わり続けるニューヨーク

パーソンズ大学のプロジェクトとして、1930年代のアメリカ女性写真家バーネス アボットと90年代のダグラス レビアの業績を尊敬したシリーズ。アボットは大恐慌直後のごみごみしたマンハッタンの街並みがどんどんと高層建築に変わっていく姿、またそれ以前の姿を写真にとどめた。60年後レビア同じ場所で同じカメラで同じ風景を写真に。そこには色々と変わり行く街、時を経て変わらない街が描かれていた

今回のプロジェクトは、その彼女、彼らの後を追い、同じ場所で同じ方向で撮影。残念ながら彼らが使っていた大判カメラと異なり、自分の写真は35ミリにて


nychanging-2
above: 1936 Custom House Statues and New York Produce Exchange by Abbott
1936年の税務署、アボットの撮影

nychanging-1
above: 1997 MTA Headquaters by Levere
1997年には同じ建物が地下鉄運営局に

Thank you for visiting my web and blog.
Wishing your Happy New Year.

Kaz Senju

今年一年、このホームページ、ブログをごらんいただき、ありがとうございました。
良いお年を!

千住和宏