Riad 民宿

marra-more-1

A trip to Sahara was very nice but it was great returning to my Riad (bed & breakfast or inn) in Marrakech Medina (old part of walled city).

Ross and David at
Riad Arahanta are great hosts, they make me feel at home after my 48 hours adventure to the dune. I took a nice long shower, emptied my camera bag, and try to get all sand out from my belongings. I cleaned all camera equipments but I can feel the zoom and focusing rings have some sand in there... They may need to be send to Canon for an extensive clean up after this trip.

Ross and David took me to a nice restaurant next to Koutoubia Mosque, shared a bottle of Morocco white wine, a great treat in this “dry” country especially after long trip to the desert.

They are originally from Scotland, started this Riad few years ago. They love this hot weather compared to a rainy and soggy weather back in Scotland. There are many people from Europe doing the same, I can see at least four old buildings being converted into a nice Riad in this block alone. If you come to Morocco, skip Casablanca and head directly to Marrakech. If you stay in Marrakech, skip four/five star western style big chain hotels in new city but stay within Medina and stay with smaller Riad. Similar recommendations are true in many major cities including Kyoto. Stay in smaller “ryokan” (inn) and get to know the hosts so you have a chance to get to know the area, people, and these inns and B&B will become your home in a strange land.

Marrakesh is the city of “red”. Every building is red and street is colorful but some black and white photos are created showing different scenes from Marrakech, a place I strangely feel “home” after one week of staying at Riad Arahanta.

Click here to view black & white photo from Marrakech

サハラへの旅は楽しかったけど、マラケシのメディナ(城壁に囲まれた旧市街地)にあるリアッド(民宿)へ戻ってほっとした。

48
時間の砂漠への探検の後、リアッド アラハンタの宿主ロスとデイビットはこの民宿を我が家のごとく感じさせてくれる。早速シャワーを浴び、カメラバッグを開けて、なかにある砂を振るい出すが、服からなんから、全て砂だらけ。カメラ機材を掃除したが、ズームやピントの部分がじゃりじゃり音がする... たぶんキャノンへ送って分解清掃が必要か...

ロスとデイビットはコウトウビア寺院の向かいにある、感じの良いレストランへ連れていてくれる。ここモロッコはイスラムの地、基本的には酒は禁止されていて、砂漠への旅の後に2人からモロッコ産の白ワインをごちそうしていただき、感激

彼らはスコットランドの人、数年前にこの暑い天気がスコットランドのじめじめした気候と逆で気に入り古い建物を民宿に改築してこの地に住む事になる。他にもたくさんのヨーロッパ人が同じ事をしていて、今このブロックだけでも数件は古い建物がきれいな民宿に改築されている。もしモロッコを訪れる機会があったら、カサブランカはスキップしてマラケシに来ていただきたい。マラケシに泊まる機会があったら、新市街の大きなチェーン店のホテルではなく、旧市街地のこじんまりした民宿旅館、Riadに泊まっていただきたい。同じ事は世界のどんな街でも言えて、京都でも大きなチェーンのホテルより、民宿や旅館だと思う。こう言う小さな旅館では、その宿主を知る機会があるし、それを通じてその地の人と出会い、その宿は短いながらそんな異国の地で自分の「家」となる。

マラケシは「赤の街」と呼ばれる。ここでは全ての建築物が赤色、また通りや市場は色鮮やかだが、あえて白黒の写真を造ってみた。1週間この旅館、Riad Arahantaに泊まってこの異国の地が自然と自分の故郷に思えて来る。

そんなちょっと違ったマラケシの白黒写真はここをクリックしてご覧ください